Page: 1/1   
ドキュメンタリー映画「Ainu | ひと」一般上映について

アイヌ文化の継承に注力する古老たちの活動と生活を追ったドキュメンタリー映画『Ainu | ひと』が完成し、9月15日(土)より1週間、神戸・元町映画館と大阪・シアターセブンにて劇場初公開。大阪・神戸で共に、立ち見の日が出るほどの好評を得ました。
つきましては、大阪での再上映が2018年10月20日(土)よりシアターセブンにて、決定したしましたので、お知らせする次第です。
監督は兵庫県出身ニューヨーク在住の溝口尚美です。


映画タイトル:Ainu |ひと
映画の趣旨:80代の4人の古老の生き様と、現代のアイヌ文化の継承の今を描く。
概要:日本の先住民族・アイヌ。かつて、アイヌモシリ(アイヌの大地)と呼ばれた北海道の日高地方・平取町には、今も多くのアイヌ民族が暮らしている。アイヌ文化研究において多大な貢献を果たした故・萱野茂氏の出身地でもある。
1869年、明治新政府がアイヌ民族を「平民」として戸籍を作成し、同化政策や開拓を進めた結果、アイヌ文化は急速に衰退していった。
一世紀半経過した今、生活スタイルを変容させながらも、アイヌ文化を伝承する努力を続けてきたこの街には、現代のアイヌが快活に生きる。ドキュメンタリーの主人公は、個性多様な4人の「Ainu=ひと」たち。差別と貧乏を経験した人、伝統的な縫物を作る人、祖母のカムイユカラ(口承文芸)を聞き覚えている人、イオマンテ(熊送り)などの儀礼儀式を小さい頃に見聞きした人。文化伝承のために、地域のリーダー的存在として、積極的に活動する。昭和から平成のアイヌの変容を示す生き証人でもある「ひと」の姿を描いたドキュメンタリー。

映画館:シアターセブン(大阪・十三)
上映期間:10/20-10/26、連日12時15分〜
制作年:2015-2018年
上映時間:81分
観覧料:一般1700円・前売り1300円
(シニア・学生・女性・男性・カップル割引など上映館規定の割引あり)
シアターセブンホームページ:
http://www.theater-seven.com/service.html

舞台あいさつの日時、内容等
★インターネットを使った監督のライブ舞台挨拶
10/20, 10/21, 10/24, 10/26の4日間


★現地の工芸家が作ったアイヌの民芸品や、書き下ろしの映画音楽3曲を含むCDも窓口で販売。

ドキュメンタリー映画「Ainu | ひと」 一般上映のお知らせ

アイヌ文化の継承活動をリードする古老たちを主人公に、アイヌ伝統文化の今日的継承の姿、日々の暮らし、生業とその想いを描くドキュメンタリー映画『Ainu | ひと』の一般上映を行います。

 この度、2018年9月15日(土)より1週間、神戸・元町映画館と大阪・シアターセブンにて劇場初公開が決定しました。

 6月末に撮影地の北海道沙流郡平取町二風谷で世界初公開し、好評を得ました。本州初・劇場初公開のこの映画をぜひご覧ください。

映画の概要

日本の先住民族・アイヌ。かつて、アイヌモシ(アイヌの大地)と呼ばれた北海道の日高地方・平取町には、今も多くのアイヌ民族が暮らしている。アイヌ文化研究において多大な貢献を果たした故・萱野茂氏の出身地でもある。
1869年、明治新政府がアイヌ民族を「平民」として戸籍を作成し、同化政策や開拓を進めた結果、アイヌ文化は急速に衰退していった。一世紀半経過した今、生活スタイルを変容させながらも、アイヌ文化を伝承する努力を続けてきたこの街には、現代のアイヌが快活に生きる。

主人公は、個性多様な4人の「Ainu=ひと」たち。差別と貧乏を経験した人、伝統的な縫物を作る人、祖母のカムイユカ(口承文芸)を聞き覚えている人、イオマンテ(熊送り)などの儀礼儀式を小さい頃に見聞きした人。

文化伝承のために、地域のリーダー的存在として、積極的に活動する、昭和から平成のアイヌの変容を示す生き証人でもある「ひと」の姿を描いたドキュメンタリー。

映画館

元町映画館(神戸)、シアターセブン(大阪)


上映期間

9/15-9/21/18、大阪・14時〜、神戸・16時40分〜(毎日)
 

制作年

2015-2018

 

監督

溝口尚美(兵庫県出身・ニューヨーク在住)
 

上映時間

81
 

観覧料

一般1700円・前売り1300円
(シニア・学生・女性・男性・カップル割引など各上映館で割引あり)

 

(シアターセブン)
http://www.theater-seven.com/service.html

 

(元町映画館)
https://www.motoei.com/price.html


舞台あいさつと関連企画の日時、内容等
★監督は連日、劇場に来場します


★2018年9月15日(土) 元町映画館での上映後

【Ainuクラフト&食マーケット】開催
出演者・監督・二風谷アイヌ文化博物館学芸員来場!民芸品やイナキビおにぎり販売

 

★2018年9月16日(日) シアターセブンでの上映後

【Ainuクラフト&食マーケット】開催
出演者・監督・二風谷アイヌ文化博物館学芸員来場!民芸品やイナキビおにぎり販売

 

『柳原銀行記念資料館』2016年度 第28回特別展「崇仁(柳原庄村)の独立〜今村家文書より〜今村忠右衛門と桜田儀兵衛」

京都市『柳原銀行記念資料館』では、

2016年度 第28回特別展「崇仁(柳原庄村)の独立〜今村家文書より〜今村忠右衛門と桜田儀兵衛」を開催しています。

開催期間:2016年9月2日(金)〜10月16日(日)

時間: 午前10:00〜午後4:30
入館料: 無料
休館日: 毎週月、火曜日、祝・休日。

記念シンポジウム

日時: 2016年10月15日(土) 13:30〜15:30(受付・開場は、13:00)
場所: 東本願寺別邸「渉成園しょうせいえん閬風亭ろうふうてい』」河原町通七条西入ル3筋目(間之町通)上ル東側
定員: 70名(会場での先着順)
第1部:講演
「今村家文書の歴史的価値」秋元 せき 氏(京都市歴史資料館館員)
「今村忠右衛門と桜田儀兵衛」山内 政夫 氏(NPO法人 崇仁まちづくりの会理事)
第2部:パネルディスカッション「今村家文書について語ろう!」
パネリスト:
 今村 寿子 氏(今村家文書研究会代表)
 秋元 せき 、山内 政夫
コーディネーター:
 重光 豊 氏(今村家文書研究会)

詳細は、

■柳原銀行記念資料館HP
http://suujin.org/yanagihara/

■柳原銀行記念資料館Facebook
https://www.facebook.com/yanagihara.bank
 

柳原銀行記念資料館 第27回特別展 全国水平社創立宣言
〜創立に至る道筋,桜田規矩三と吉崎民之輔〜

開催期間:2015年8月28日(金)〜9月27日(日)

●記念シンポジウム
日時:9月19日(土)午後2時開演(午後1時30分開場)
会場:下京いきいき市民活動センター
   3階集会室
(京都市下京区)
内容:
「崇仁教育からの発信」
 竹口 等(京都文教大学臨床心理学部教育福祉心理学科教授)
「全国水平社創立と京都」
 山内 政夫(NPO法人崇仁まちづくりの会理事)

※入場無料。定員50人(先着順)
(い)
■柳原銀行記念資料館Facebook
https://www.facebook.com/yanagihara.bank
 ■柳原銀行記念資料館HP
http://suujin.org/yanagihara/
企画展 「舳松の伝統料理〜食肉文化を支えた人びと〜」

堺市舳松人権歴史館において、企画展 「舳松の伝統料理〜食肉文化を支えた人びと〜」を開催しています。

明治の文明開化とともに肉食の習慣が広まりました。舳松のと畜業は、古くから地域産業として発展し、2000(平成12)年3月に閉鎖されるまで、長い間、市民へ安全でおいしいお肉を供給してきました。
 ムラ(被差別部落)には「さいぼし」、「あぶらかす」といった伝統的な食べ物があります。それらは牛や豚を解体する過程で生産される物を創意工夫してつくられたものです。保存がきいて高カロリー、重労働で働くムラの人びとに好まれました。
 牛や豚の内臓(ホルモン)は、すでに戦前からムラの人びとや朝鮮人のあいだで食されてきました。内臓は、戦後、焼肉から普及しましたが、以前は食べる人も少なくタダ同然で売買されていた時期もありました。
 今日、食肉は食卓に欠かせないものになっています。日本の食肉文化を支えてきたのはムラの人たちだと言っても過言ではありません。本展ではムラの食肉文化からその背景にあるさまざまな部落問題について考える機会とします。
多くの方のご来館をお待ちしています。

開館日時:2013年(平成25年)9月28日(土曜)まで
     午前9時〜午後5時15分

休館日:日曜日・祝休日・年末年始

問い合わせ:舳松人権歴史館(入場無料
      堺市立人権ふれあいセンター7階
http://www.city.sakai.lg.jp/shisei/jinken/jinken/jinkenfureaisenta/jinkenrekishikan/food.html



「京の公役を担った人々」

 ツラッティ千本・柳原銀行記念資料館
2012年度共同特別展
「京の公役を担った人々


徳川幕府が厳しい身分制度をしいた時代
京の公役を担った人々の姿を「諸式留帳」等の歴史資料をひもとき
人権について考えてみようというのが今回の特別展です

開催期間
◎第1期
 会場:ツラッティ千本
京都市北区千本北大路・西北角
TEL075-493-4539
   
日時 10月2日(火)〜11月4日(日)
10時〜16時30分
開催期間中は休館日:月曜、入場無料

◎第2期
会場:柳原銀行記念資料館
京都市下京区塩小路河原町下ル
TEL075-371-0295
 
日時 11月10日(土)〜12月14日(金)
10時〜16時30分
休館日:月・火曜、祝日 入場無料

■柳原銀行記念資料館2012年企画展
 アイヌ・ネノアン・アイヌ
〜人間らしい人間〜
を開催しています。

開催期間:2012年3月14日(水)〜4月20日(金)
時間: 午前10:00〜午後4:30
入館料: 無料
休館日: 毎週月、火曜日、祝・休日、
     4月21日(土)、22日(日)(展示替えのため)

詳しくはこちら≫ 柳原銀行記念資料館
■柳原銀行記念資料館の休館日が変更となりました
 2011年5月1日より、柳原銀行記念資料館の休館日が変更となりました。
 月曜日、火曜日、祝日。年末年始。(12月29日〜1月3日まで)展示替えの日。
となり、日曜日は開館となりました。
  http://suujin.org/yanagihara/
5月28日(土)「ベンダ・ビリリ!〜もうひとつのキンシャサの奇跡」映画会&森圭一郎ライブのお知らせ

2011年5月28日(土)映画会&コンサート
第1部 13:00〜15:00ベンダ・ビリリ!
映画「ベンダ・ビリリ!もう一つのキンシャサの奇跡」 
2011年カンヌ映画祭・監督習慣オープニング作品。
 アフリカのコンゴの路上で手作り楽器などによって誰にもまねできない音楽を演奏する車イス4人と松葉杖1人を含むバンド「スタッフ・ベンダ・ビリリ」。数々の困難や挫折を乗り越え、大成功を収めるまでの記録映画。入場料 一般:前売り800円.当日1000円 18歳未満:無料
映画の連絡先:甲賀シネマパーティー
E-mail:
info@cinepa.jp
 TEL 090-4034-3202              
第2部 
15:15〜16:30
森圭一郎さんライブ 
車1台で全国を回っているシンガーソングライター。
 力強く、温かな歌と演奏で、各地で感動を呼び起こしている。2009年「君のためにつくった歌」がドキュメンタリー映画「ただいま それぞれの居場所」のエンディングテーマ曲となる。入場無料
ライブの連絡先:あすぱる甲賀TEL:0748-65-4020